tiryouhiseikyuuu

普段は健康で大きな病気をしたことがないという方は、自分が手術を受けるような病気にかかること等考えもしないでしょう。体に自信がある方でも急に不調を訴えて検査を受けたらそのまま入院になるということは、決して珍しいことではありません。

病気だけでなくケガで入院したり手術を受ける場合もあるでしょう。通勤途中に駅の階段で転んだり、趣味のスポーツをしていて骨折してしまうということも十分考えられる話です。自分では予想が付かない病気やケガで入院したり手術を受けた場合は、かなりの医療費を請求されることになります。

治療費や手術費等を合わせた入院費用は数十万円という単位になるため、全て自分で負担していては大変です。このようなリスクに備えておくのが保険です。公的な医療保険は使えても入院費用を全て保険で払うということはできませんから、個人的に保険に入って自己負担分が家計の負担にならないように備えておくのです。

入院していた病院から退院する時は、一度自分で払っても後から保険金請求書を送れば保険金を受け取ることができます。保険金請求書は保険会社の方で用意しているので、まずは保険金請求の仕方を確認してみましょう。

保険には色々な種類がある

病気やケガに備えるためには生命保険等の保険に加入しておくことが大切です。一口に保険と言っても色々な種類があるので、それぞれの特徴を見極めながら自分に合った保険商品を選びましょう。

入院した時の入院費用や手術を受けた際の手術費用、治療にかかった治療費が保障されるのは、医療保障が付いた保険商品です。遺族保障や収入保障といった保障内容だけでは入院費用や手術費、治療費が保障されないので注意が必要です。医療保障をメインにしている医療保険を選びましょう。保障の内容や保険金については保険会社や商品によって異なります。

一般的には入院した時の入院日額を選択するシステムになっており、安いものでは日額五千円程度からあります。保障を充実させたいという方には日額一万五千円程度の保険金を設定しておくと安心です。入院することになれば入院費用が心配ですが、十分な保険金をかけておけば数週間入院することになっても費用面で不安になることはないでしょう。安心して治療に専念することができます。

医療保険では手術を受けた場合の手術費用が付いていることが多く、入院日額の数倍という設定になっている保険もありますし、手術の種類で保険金が決まっている場合もあります。

治療にかかる費用や入院費用はどの位?

病気にかかったりケガを負った時は医療機関を受診して治療を受けることになります。風邪やインフルエンザ、胃腸炎等の症状では薬が処方されますが、症状によっては注射を受けたり入院して様子を見ることもあるでしょう。

骨折ややけど等のケガを負った時は完全に治るまでに時間がかかるため、かなりの治療費になることが予想されます。病気やケガが治るのは嬉しいですが、気になるのは治療にかかる費用や入院費用です。インフルエンザ等の感染症で医療機関を受診しても治療費は数千円程度で済みますが、骨を折って入院した場合は高額の入院費用になる場合もあります。

骨折で入院した時の入院費用は、手術を受けたりMRIを使ったりとかなりの金額になることが予想されます。治療を受けた内容や入院していた日数によって入院費用は大きく違ってきますが、二十万円から三十万円程度は考えておいた方がいいでしょう。

骨折の状況がさらに深刻であれば、四十万円以上かかる場合もあります。長期の入院になると自己負担額が大きくなるので、万一のことを考えて医療保険に加入しておくことが大切です。できれば家族全員が何rらかの保険に加入しておくといいでしょう。

保険金請求書を用意しよう

医療保険に加入していれば、病気やケガで手術を受けたり入院した場合でも金銭的な負担を減らすことができます。実際に保険金を受け取るためには、加入している保険会社に連絡することから始めましょう。

自分が思っていた保障内容と保険証券に記載されている保障内容とでは違いがある場合もありますが、自分自身で調べるよりも直接保険会社に問い合わせた方が正確に分かります。

病名や治療の内容を告げて保障の対象であった場合は、保険金請求書についての案内を受けることができます。保険金を受け取るためには、所定の保険金請求書に必要事項を記入して保険会社に返送する必要があります。

手術費用や入院費用を請求する際は、保険金請求書と診断書を用意しなければなりません。診断書は治療を受けた主治医に記入してもらわなければならないため、医療機関に行って依頼するという作業があります。診断書を作成するだけでも数千円の費用が発生するので、医療機関に行く時は金額を調べておくと安心です。

保険金請求書と診断書が準備できたら保険会社に送ります。書類が届いて記入漏れ等がなければすぐにでも保険金が給付されるでしょう。手続きが全て終わったら保険会社から書面で通知が送られてくるので確認できます。