kyuubyounyuuinhiyou

家族が急な病気、あるいはけがをしたなどで入院して手術をする時、その入院費用や治療費をどうするかで悩んだことはありませんか?今は手術特約などのついた、民間の保険に入っている人も多いし、場合によっては高額医療費制度を利用できることもあります。ただし、これらの保険金や払い戻しは、退院後に行われます。しかし入院費用や治療費などは、退院時にまとめて清算しなければなりません。

もちろん家族に借金する、あるいは定期預金を崩すなどといった方法も可能です。しかし借金は頼みにくい、あるいはなかなか望む額の借金ができないということもありますし、また預金が足りないといった場合には、キャッシングがお勧めです。入院費用や治療費のことでキャッシングを申し込むのは、気が重いという人もいるかもしれません。

しかし保険金や払い戻しなど、後からお金が入ってくる当てはあるのですから、一時的な資金として借りておき、後で一括で完済するという方法もあるのです。この場合はフリーローンや医療ローンを利用するのがいいでしょう。フリーローンは一般的にいわれているキャッシングやカードローンのことで、住宅ローンのように特に目的を設定せず、好きな目的に使えるローンのことです。

キャッシングやローンは審査基準に気を付けましょう

病気や手術の方法、あるいは治療方法にもよりますが、こういったローンは上限が50万円ほどあり、うまく活用することで、入院費用や治療費はほとんど賄うことが可能です。また医療ローンの場合は、特に入院費用が発生しない場合、たとえば歯科の治療や審美系の治療、たとえば日帰りの整形手術などであっても、健康保険が適用されなければ利用が可能です。

医療ローンの場合は、そこの病院が提携している会社との契約になり、病院と契約するわけではないので注意してください。またこの場合は一般に、金利がやや高めなこともあります。いずれの場合もお金を借りるわけですから審査が行われ、それに合格することで融資を受けられるようになります。

審査に必要なのは本人確認と収入証明それぞれの書類で、別に必要事項を記入した申し込み用紙が必要になります。審査基準は主に、収入があるかないか、あるいは、信用情報にブラックが登録されていないかどうかが重要視されますので、その点に気を付けましょう。もしクレジットカードの返済を続けて延滞していたりすると、ブラックが登録され、せっかく融資を受けようとしても受けられなくなってしまうことがあります。

審査に通らない場合はどうすればいいのか

収入のあるなしが審査に影響するのは分かるけど、なぜブラックのあるなしが影響するのかと思う人もいるかもしれません。しかしブラックがあるということは、返済を延滞した、あるいは返済ができなかったということを意味します。たとえば債務整理をした場合は、返済ができなかったということで、5年から7年の間ブラックが登録されます。

病院にしてみれば、手術や治療を行い、入院をさせるという、かなり費用のかかることをやっているわけですから、そのために融資したお金を返済できないとみなされる場合は、もちろん審査に落ちてしまいます。この様な場合は、まず収入のある家族の名義で借り入れることを考えてみましょう。それが難しい場合は、場合によっては仮払いをしてもらえることもありますので、自治体の役所などに相談してみましょう。

またこの場合、つい多額の融資をしてくれる業者を利用したくなりますが、ブラックの相手に多額の融資をする業者は闇金の可能性が高いので、絶対利用しないでください。非合法の業者であるため、金利がかなり高く、また取り立ても厳しいため、一度関わると面倒なことになります。もし闇金を利用した場合は、闇金専門の弁護士に相談しましょう。

病気を治すためのキャッシングなので悩まないで

ここでおさらいをしておきましょう。病気やケガで手術をしたり、入院して治療を受けたりする時はやはり、共済や民間の保険に入っておき、そのための預金をいくらか持っておくのが一番です。しかし、何で治療費が高い、あるいは入院日数が長い病気にかかるかはわかりません。その時に備えて、手術や入院費用や治療費を補填するためのローンに加入するのがいいでしょう。ただしブラックがあると、返済が難しいとみなされて、審査に通るのが難しくなりますので気を付けてください。

借金で手術や入院費用を賄うのに、多少の戸惑いを覚える人もいるかもしれません。しかしこの場合は、あくまでも一時的な借金であり、その後保険金などでの完済が見込めるのですから、そこまで悩む必要もありません。それよりも手術や治療を受けられないことの方が、よほど重大事です。

また最近は、フリーローンの中には無利息で30日間借りられるのもありますので、そういうのを上手に使うのがいいでしょう。また、整形手術などの審美系の治療をしたいけど、カードの延滞のためにどうしても借りられない、そのような場合は、まず健康保険が適用される手術を受けてみるという方法もあります。