syujutugohiyoutaisyohou

長い人生の中には、手術をするような重い病気にかかることもありますので、そんな時のために、しっかり医療保険などに加入しておくことが大切です。

入院費用や手術費、治療費や点滴の費用などは健康保険に加入していれば!~3割負担ですみますが、差額べ、ッド代や入人中の食事代、先進医療費などは全額自己負担になるので、健康保険は適用できませんので、健康保険に加入しているから安心ではなく、余分な費用がどのくらい必要になるか、しっかり確認しておくといいでしょう。

民間の医療保険に入っていれば安心ですが、入っていない人は医療費が高額になるととても困ってしまいます。どうしても手術費用や入院費用が高額になってしまい一括で払えない場合は、病院側に相談してみましょう。

病院が信販会社などと提携している場合は、ローンを組めることもあり、信販会社と提携していない場合でも、病院側がローンを認めてくれる場合もあるので、恥ずかしがらずに相談してみるといいでしょう。

病院がローンを認めてくれない場合は、金融機関からキャッシングする方法もあり、キャッシングを提供している消費者金融ならば審査も早いので、急いでお金が必要な時はとても助かります。

手術をした場合入院費を払う方法

大きな事故に巻き込まれ手術をすると、長期間入院することになり、そうなると入院費用や治療費、点滴の費用など高額な医療費がかかることになります。しかし健康保険に加入していれば、高額療養費制度が適用されるので安心です。

高額療養費制度とは、手術を受けた病院で1カ月に支払った入院費用や治療費、点滴代などの医療費が、一定額を超えた場合、超えた金額を支給する制度で、まとまったお金を最初に用意できないという人は、高額療養費貸付制度を利用するといいでしょう。

高額療養費制度によって払い戻しされるお金の8割を先に借りることができるので、まとまったお金を用意できない場合はとても助かります。申込み方法は、健康保険の窓口に申請しますが、その時も医療機関の領収書や請求書の写しが必要になるので無くさないで保管しておいてください。

手術をすると入院費用や治療費の他に、いろんな費用がかかることもありますが、すべてに健康保険が適用される訳ではないので、一部自費で払うことになります。そんな費用を用意できない場合は、カードローンなどに申込む方法があります。

カードローンなら限度額以内なら、何度でも追加で借入ができるのでとても助かります。

入院費用が払えない場合の対処法

手術をして入院してしまうと、働けなくなるので収入がなくなり困ってしまいます。
正社員ならば傷病手当制度で、仕事を休んでも手当てが支給されますが、アルバイトやパートで生計をたてている人は保証がないのでとても大変です。

健康保険に加入していれば、入院費や治療費、点滴代などの医療費は保険で少しは賄えますが、保険が適用されない治療費は、自己負担になるのでかなり支払いが大変になります。

そんな時のために民間の医療保険に加入しておくことは大事ですが、民間の医療保険に加入していない人は、金融機関などからキャッシングするといいでしょう。

キャッシングなら保証人をたてる必要もなく、簡単に申込むことができ、キャッシングできるカードさえ作っておけば、コンビニのATMから気軽にキャッシングができるので、退院したあとの生活費も借りることができます。キャッシングの申込みは、パソコンやスマホでできるので入院中でも店舗まで行かずに申込むことができます。申込めば誰でも借入ができるわけではなく、審査に通る必要があります。

今までに返済遅延などが多かったり、他社からの借入が多い場合は審査に通りにくいので気をつけてください。

健康保険で医療費を支払う

手術をするほどの大病になると、長期の入院が必要になるので、入院費用や治療費、点滴代などかなりの医療費が必要になります。健康保険に加入していれば、!~3割の負担ですむのでそれほど支払いも大変ではないですが、健康保険に加入していない場合は全額自己負担になるので、高額な医療費を支払うことになります。

どうしても一括で医療費が払えない場合は、病院に相談してみるといいでしょう。分割を認めてくれる病院もあるので、ダメ元で相談してみてください。

病院が分割を認めてくれない場合は、カードローンなどに申込んで払う方法があります。カードローンに申込んで、ローンカードを作っておけば、治療費や生活費にも使えるのでとても助かります。

カードローンに申込むと審査がありますが、どこの金融機関でも返済能力を重要視し、年収が多いよりも勤続年数が長い人の方が、返済能力が高いとみなされ、今までに返済遅延がある人も審査に通りにくくなります。

自分はキャッシングの遅延や、クレジットカードの遅延はないので大丈夫だと思っている人がいますが、携帯電話や通販の返済遅延があるだけでも審査に通らないので気をつけてください。