syujutuhiyousiharaihouho

健康保険に加入していれば、手術をするような重い病気になっても入院費用が治療費が3割負担や1割負担ですみますが、健康保険に加入していないと入院費用や治療費が全額負担になってしまいます。

会社を退職したあとにすぐに健康保険に加入する手続きをとらないと、手術費や入院費用も全額負担になるので、会社を退職したらすぐに健康保険に加入する手続きをしましょう。
手術費や入院費用が一括で払えない場合は、病院側に相談すればローンを認めてくれる所もあります。

病院でローンを認めてくれない場合は、金融機関で医療ローンを扱う所もあるので、そういう所に申込むといいでしょう。
ただし申込めば誰でもローンが組めるわけではなく、審査に通る必要があります。

審査は返済能力を重視するので、収入の多いことよりも勤続年数が長い人の方が返済能力が高いと判断され審査に通りやすくなります。
医療ローンの審査に通る自信がないという人は、消費者金融のカードローンに申込むといいでしょう。

消費者金融ならば比較的審査に通りやすいので、アルバイトやパート、自営業の人でも審査に通りやすいです。
ただし金利がかなり高くなるので、高額な融資の場合は気をつけてください。

手術費が全額負担の場合ローンを組むと良い

美容整形外科に通い豊胸手術を受けた場合は、美容目的の医療行為なので入院費用や治療費は全額負担になってしまいます。豊胸手術の場合は全額負担だと100万円以上かかることもあり、貯金があまりない人は支払いがとても大変になります。

病院やクリニックでは、信販会社と提携してローンを認めている所もありますが、ローンを認めていない所では、一括で払えない場合は、自分で金融機関からキャッシングするといいでしょう。キャッシングならば保証人を立てる必要もないので、簡単に手続きができます。

最近はわざわざ店舗まで行かなくても、パソコンやスマホから申込める所も増えてきました。必要書類もデジカメやスマホで撮り、メールで送れるのでとても便利ですし、収入証明書も希望借入額が低い場合は、用意しなくていいので審査もスムーズにおこなえます。

急いでお金が必要な場合は、審査の早い消費者金融に申込むといいでしょう。自動契約機などが用意されている所なら、審査回答も早くその場でカードが発行されるので、即日キャッシングも可能です。
ただし医療ローンなどに比べると、金利がかなり高くなるので長期で返済する場合は気をつけてください。

入院費用の支払いが大変な時

手術をするほどの重い病気になった場合、入院費用や治療費も高額になるので支払いがとても大変です。
入院費用や治療費が高額になる場合は、健康保険に加入していれば、高額療養費の貸付制度を利用できるケースもあります。

払い戻しされるお金を先に借りることができるので、貯金がなくて一括で高額な治療費を払うのが難しい人にはとても助かります。

手続きは手術費や入院費用の領収書を提出する必要があるので、しっかりと保存しておくといいでしょう。
申込むと2~3週間でお金を受け取れます。

高額療養費貸付制度を利用できるのは、公的な医療保険に加入していることが条件になるので、会社を退職した場合は気をつけてください。
会社を辞めたのに、健康保険の手続きをしていないと全額負担になるので注意が必要です。

一定額以上の入院費用を払った場合は、申告すると払った料金が一部戻ってくることもあるので、よく確認しておくといいでしょう。

会社に勤務している人は、病気やケガで会社を休んだ場合は、傷病手当金制度で一定期間手当てが支給されるので利用するといいでしょう。
病院では治療費の分割払いを認めてくれる所もあるので、恥ずかしがらずに相談してみるといいでしょう。

入院費用はカードローンに申込んで借りる

生命保険に加入している人は、高額な手術費用や入院費用も保険で賄えるので助かります。
しかし生命保険に加入していない人は、入院費用や治療費用が高額になると支払いがとても大変になってしまいます。

特に健康保険に加入していない人は、全額負担になるので一括で支払うのはかなり厳しいです。病院が分割払いを認めてくれることもあるので、一括払いが厳しいという人は相談してみるといいでしょう。どうしても分割払いができないという場合は、金融機関からキャッシングする方法がおすすめです。

カードローンに申込めば、限度額以内なら何度でも追加で借入ができるので、入院費用を支払ったあとでも、通院費や生活費を借りることもできます。

ローンカードさえ持っていれば、どこにいてもキャッシングができるので、再び病気になった時でも安心です。
カードローンに申込む場合は、審査に通る必要があります。
以前に返済延滞などが多いと、審査に通らないこともあるので気をつけてください。

他社からの借入をごまかして報告する人もいますが、個人信用情報機関に履歴が残るのでバレてしまうと審査に通ることは難しいです。
正直に報告する方が審査に通りやすくなります。