soharaikonnnan

交通事故などをおこし、相手に手術をするような大ケガをさせてしまうととても大変です。手術費用や入院費用、治療費などの支払いをすべて相手に代わっておこなわなければいけないこともあります。

自分の責任で相手にケガを負わせた場合は、謝罪をしたうえで相手と入院費用や治療費の支払いについて話し合う必要があり、相手と話し合いをして示談が成立した場合、手術費や入院費用を一括で支払う時は、あとでトラブルをおこさないためにも示談書を作成するといいでしょう。

示談書は自分で作成すると難しいので、できれば行政書士に依頼する事と、分割払いで治療費を払えるなら、公正証書を作成するといいでしょう。示談が成立して相手に手術費用や入院費用を一括で支払う場合、貯金があればいいですが、貯金がない場合は、他人にお金を借りるより、カードローンなどに申込んでお金を借りると良いですね。

カードロ-ンなら、返済の途中でも新たな借入をおこなうことができるので、入院費用の他にもこれからの通院費の支払のお金なども、いろいろ借りることができます。カードローンは継続的な収入さえあれば、誰でも申込むことができ手続きも簡単です。

示談書を作成した時の注意点

思わぬ事故に巻き込まれてしまい、手術をおこなうほどのケガをすることも長い人生にはあり、自分に責任がなく相手に責任がある場合は、入院費用や手術費などを相手に請求できます。

その時に気をつけなければいけないのは、示談が成立して相手が示談書を作成してきても、簡単に判を押してはいけません。まずは示談書をじっくり読んで納得してから判を押すようにしましょう。

相手が原因でケガをした場合は、治療費もすべてだしてもらえるので支払いの心配はしなくていいですが、自己責任で病気やケガをした場合は、手術費や入院費用をすべて自分で支払わなくてはいけません。日ごろからしっかり貯金をしていればいいですが、貯金が全然ないという場合は、支払いがとても困難になってしまいます。

どうしても医療費が工面できない場合は、病院に相談してみましょう。病院側が分割払いを認めてくれる場合もあるので、恥ずかしがらずに相談してみるといいでしょう。病院側が分割払いを認めてくれない場合は、金融機関からキャッシングする方法もあります。キャッシングならば保証人や担保もいらず面倒な手続きは必要なく、インターネットからでも簡単に申込むことができます。

健康保険に加入しておくと治療費が軽減できる

手術をすると高額な入院費用や治療費が必要になりますが、健康保険に加入していると、1~3割の負担になるので助かります。
健康保険に加入していると、病院や薬局で1カ月に支払った額が一定額を超えた場合は、超えた金額を支給してくれる高額療養費制度があるのでとても助かります。

どうしても支払いの時にまとまったお金を用意できない場合は、高額療養費貸付制度を利用すれば、高額療養費制度で支払われる金額のおよそ8割を無利息で先に借り入れることができます。

加入している保険の窓口に申請する必要があるので、医療機関の請求書などを保管しておくといいでしょう。
しかし健康保険に加入していても、ベッドの差額代金や食事代、保険がきかない医療費などの費用がかかるので、ある程度余裕をもってお金を用意しておくことが大事です。

医療費は自分がケガや病気をした時以外でも、交通機事故をおこしてしまい相手にケガをさせた場合にも、相手の医療費を払うこともあります。
相手と話し合って示談が成立した場合は、あとでトラブルが発生しないように示談書を作成することが大事です。一括払いなら示談書でいいですが、分割で支払う場合は公正証書を作成するとあとでトラブルになりにくいです。

医療費が急に必要になった場合

会社に勤めている場合、仕事が原因で病気やケガなどになると会社が手術費や入院費用などを負担してくれますが、その時にしっかり示談書を作成してもらうと、あとで後遺症がおきた場合でもトラブルになりにくいです。
示談書をよく読まずにサインをしてしまうと、自分にとって不利な条件のこともあるので、じっくり読んでわからない所があったらしっかり質問すると、あとあとトラブルになりにくいです。

会社を病気やケガで休んだ場合は、その間収入がなくなり困りますが、傷病手当制度を利用すれば休んでいる間は一定期間手当てが支給されるので安心です。

一定の金額以上の医療費を負担した場合は、医療控除で申告すれば支払った料金の一部が返ってくるのでしっかり申告しましょう。
公的な医療保険に加入していれば治療費の負担は楽になりますが、全てが保険で適用されるわけではなく、先進医療や美容目的の手術などには保険が適用されません。

保険が適用されない場合は、全額自己負担になるので支払いがとても大変になります。急いで医療費を用意しなければいけない時は、審査が早いカードローンに申込みましょう。審査が早いカードローンは消費者金融の方が圧倒的に多いです。