tiryouhikumen

長い人生の間には、ウィルスに感染してしまい入院しなければいけないほどの病気になることや、大ケガをしてしまい手術をしなければいけないこともあります。

しかし手術費や入院費用、治療費などが高額になると、支払いが大変になってしまいます。
どうしても一括で支払うことができないという人は、病院によっては分割払いを認めてくれる所もあるので恥ずかしがらずに相談してみるといいでしょう。
分割払いができない場合は、知り合いからお金を借りて払うしかありませんが、知り合いに頭を下げてまでお金を借りたくないという人は、金融機関からキャッシングする方法があります。

キャッシングなら保証人をたてなくていいので、自分の責任で借入ができます。
限度額以内なら何度でも追加でキャッシングができるので、入院費用を払ったあとでも、また通院する場合は治療費などを借りることができます。
キャッシングの申込みは、継続的な収入さえあれば正社員でなくても、アルバイトやフリーターでも申込むことができますが、申込めば誰でも借入ができるわけではなく、審査に通る必要があります。

審査は返済能力を調べるので、年収が多いことよりも勤続年数が長い方が審査に通りやすくなります。

手術をした場合の入院費用を金融機関から借りる

ウィルスに感染しないように気をつけていても、いつどんな時にウィルスに感染するかわかりません。一度ウィルスに感染してしまうと、手術をするほどの大病にかかることもありますし、手術をすると、入院費や治療費が高額になってしまいます。

民間の医療保険に加入している人は、健康保険などでは適用されない医療費を払うこともできるので安心ですが、民間の医療保険に加入していない場合は、かなり高額な医療費を請求されることになります。
病院側が信販会社と提携している場合は、分割で医療費を払うこともできますが、分割が認められない病院の場合、自分で医療費を一括で払うことになります。

どうしても急いでお金が必要な場合は、審査の早いカードローンに申込むといいでしょう。審査の早いカードローンは、銀行よりも消費者金融の方が多いです。

審査の早い所は、即日融資をおこなう所も多く、急いで入院費用や手術費用を払わなければいけない時でもとても助かります。
消費者金融のカードローンに申込む場合に気をつけることは、総量規制があるので年収の3分の1までしか借入ができず、年収の低い人は高額な融資を受けることはできないので、よく自分の年収を確認してから申込みましょう。

手術費用や入院費用を健康保険で賄う

ウィルスに感染してしまい重い病気になることもありますが、そんな時は長期入院が必要なので、高額な手術費や入院費用や治療費が必要になります。
病院がローンを認めてくれる場合もありますが、ローンを認めてくれない場合は一括で払う必要があります。
健康保険に加入している場合は、高額療養制度が受けられるので、高額な医療費も一定額を超えた金額は戻ってきますが、それでも健康保険が適用されない費用は自分で全額払うことになります。

ある程度貯金がある人や民間の医療保険に入っている人は問題ないですが、お金が用意できない人は、金融機関から借入をするといいでしょう。
借入をする時に気をつけなければいけないのは、高額な借入になると返済がとても苦しくなるという点で、できるだけ金利の低い金融機関の申込めば、毎月の返済の負担が楽になり、金利の低い金融機関は銀行になります。

銀行ならば金利が低いだけでなく、限度額も高額なのでゆとりをもった借入がおこなえます。ただし収入のない専業主婦などは、限度額もかなり低くなるので気をつけてください。

銀行は審査も厳しくなるので、他社からの借入がある人は借金を完済してから申し込むといいでしょう。

医療控除を受ける方法

手術をするほどの大病になったり、ウィルスに感染してしまい入院してしまうこともあります。そんな時は高額な入院費用や治療費が必要になります。どうしても一括で医療費を払えない場合は、高額療養費貸付制度を利用する方法もあります。

高額療養費制度で払い戻しされるお金の役8割を先に借りることができるので、貯金があまりない人にはとても助かります。ただし誰でもこの制度を利用できるわけではなく、公的な医療保険に加入していることが条件になります。

加入している医療保険の窓口で申請する必要がありますが、その時に医療機関の領収書や請求書が必要になるので、捨てずに保管しておいてください。
一定額以上の医療費を負担した場合は、確定申告で医療控除を申告すると支払った一部が返ってくることもあるので、医療機関の領収書はとっておくことが大事です。

サラリーマンの方は、病気になって会社を休むと、傷病手当制度である期間手当てが支給されるのでよく確認しておいてください。健康保険に加入していないと、全額自己負担になるので、会社を辞めた時などすぐに健康保険加入の手続きをする必要があります。

美容目的の医療行為も全額自己負担になるので注意が必要です。