tiryouhikaisyahutan

会社で仕事をしている時にケガをしてしまうと、労災扱いになるので治療費は会社負担になり、費用の心配はいりませんが、仕事以外でのケガになると、自己負担となるので気をつけなければいけません。特に手術が必要なケガをしてしまうと、入院費用も高額になるので支払いが大変になります。

高額な治療費が必要になり、どうしても支払いが厳しい場合は、病院によっては治療費や入院費用を分割にして支払わせてくれるところもあるので、病院側に相談してみるといいでしょう。

病院側がローンを認めてくれず、一括払いで払うしかない場合は、身内や知人に借金をして払うしかありませんが、周りにお金を貸してくれる人がいない場合は、カードローンなどに申込んで借入をするといいでしょう。カードローンなら、保証人や担保を用意する必要はないので、誰にも迷惑をかけずに借入がおこなえます。

ローンカードさえ発行してもらえば、限度額以内なら返済の途中でも追加で借入ができるので、手術費用や入院費用を払ったあとでも、何度でも治療費や通院費として借入ができます。

手術をおこなう場合は麻酔を使用することがありますが、麻酔は保険が適用されるものとされないものがあるので、医師とよく相談するといいでしょう。
保険がきかないと全額自己負担になるので、負担が大きくなりますので、万が一のために1枚もっておくと便利ですね。

公的医療保険に入っておくメリット

手術をしなければいけないほどの重い病気になることも、長い人生には何度か起こりうる可能性はありますよね、手術をすれば当然入院しなければいけなくなり、入院費用や麻酔費用など高額な治療費が必要になってしまいます。

どうしても高額な医療費を一括で払えない場合は、金融機関で医療ローンを扱っているところもあるので利用してみるといいでしょう。会社の仕事が原因でケガや病気にかかった場合は、治療費は会社負担なので支払いの心配はしなくてもいいです。会社を病気やケガで休んでいると、傷病手当制度が適用され、4日目から1年6カ月まで手当金を支給されるので助かります。

手術をして入院費用がすぐに用意できない場合、公的な医療保険に加入していれば、高額療養費貸付制度が利用できます。高額療養費貸付制度とは、高額療養費制度によって払い戻しされる金額の8割を先に借りることができる制度です。

公的な医療保険の窓口で手続きがおこなえますが、入院費用などの領収書が必要になるので、しっかり用意しておくといいでしょう。申請すると2~3週間後にお金を受けとれますが、それまでにお金が必要ならば金融機関からキャッシングするという方法もありますので、様々な対応策を駆使して乗り越えていきましょう。

健康保険が適用されないケースとは

手術費や麻酔費用などはすべてが健康保険が適用されるわけではありません。美容目的の医療行為などは、健康保険の適用外なので手術費や麻酔費も全額自己負担になります。

他にも健康保険が適用されないケースは、差額のベッド代や入院中の食事代、先進医療費などで、健康保険が適用されないと、かなりの高額な医療費がかかるので、支払いも困難になります。

日ごろからしっかり貯金をしている人はいいですが、貯金があまりないという人は、民間の医療保険に加入しておくと高額な医療費にも対処できます。
ただし仕事中に病気になったりケガをした場合の治療費や入院費用は会社負担になるので、いくら治療費や入院費用が高額になっても安心です。

一定額以上の医療費を支払った場合は、医療控除で申告すれば支払った料金の一部が返ってくることもあるので、医療費の領収書は必ずとっておくようにしましょう。

もしも医療費が高額すぎて一括での支払いが厳しいようなら、病院に頼んでローンで払えるように相談してみるといいでしょう。
しかし、ローンが認められない場合はカードローンに申込む方法もありますので、高額な借入の場合は、できるだけ金利の低いカードローンに申込んで対策すると良いでしょう。

入院費用がどうしても払えない場合の対処法

手術を受けると長期入院することも多く、アルバイトやパートで生計をたてている人は保証がないので入院費用や治療費などの支払いに苦労しますが、アルバイトやパートでも、仕事中におきたケガや病気なら手術費用や入院費用は会社負担になるので支払いの心配はしなくてすみます。

しかし仕事以外のケガや病気は、自己責任なのですべて自分で支払うことになります。

健康保険に加入していれば、医療費の負担も少しは楽になりますが、健康保険に加入していない場合は、全額自己負担になるのでかなり支払いが困難になります。

医療費が高額になり、どうしてもまとまったお金が必要ならば、金融機関からキャッシングするといいでしょう。キャッシングならば、アルバイトやパートでも安定した収入さえあれば申込むことができます。ただし消費者金融は総量規制があるので、年収の少ないアルバイトやパートだと融資額も少なくなるので気をつけてください。高額な融資を希望するならば、総量規制のない銀行に申込むといいでしょう。

麻酔を使った治療をおこなう場合は、麻酔は保険適用なものと適用されないものがあるので、よく確認してから治療をすることが大事です。保険適用外の治療だと高額な料金を請求されることもありますので注意しておきましょう。