銀行のカードローン

最近では、銀行が実施しているカードローンのCMもよく見かけるようになってきました。阿部寛がCMをしている三菱東京UFJのカードローンは有名でしょうか。インターネットなら最短30分で審査回答ができ、最短即日で利用可能です。

三井住友銀行のカードローンも最短30分の審査回答、三井住友銀行の口座がなくとも申し込みができ、カードも即日発行可能です。
低金利を追求している楽天銀行のカードローンはどうでしょう。こちらも即日融資可能です。収入証明書の提出が不要な場合もありますので、書類集めもスムーズかも知れません。
2種類あるカードローンから選べる、りそな銀行のカードローンも見逃せません。手持ちのりそなキャッシュカードに、キャッシングの機能を追加付与しますので1枚で2役をこなします。財布もかさばらなくていいようです。

auのじぶん銀行はどうでしょう。こちらも、じぶん銀行の口座をお持ちであれば即日融資可能です。
他にもいろいろな銀行があり、いろいろなカードローンがあります。銀行系のカードローンなら、安心感や信頼感も一入でしょう。
審査を経て、カードを発行してもらう流れは消費者金融と同じです。自分に合った借り方がどのようなものなのか、しっかりと吟味して数多ある方法からどれかひとつを選び出しましょう。

銀行系のカードローンだからと言って、必ず営業時間内に窓口に出向いて、名前を呼ばれるのを待っていないといけないということはありません。ローン契約機というボックスが用意されていて、無人で契約が可能なことも多々あるのです。

カードローンにおける注意点

即日融資が可能なカードローンは多々ありますが、注意点も多くあります。たとえば自動契約機を使ってその日に申し込み、その日にカード発行と融資を受けようとした場合、その自動契約機自体の営業時間に注意が必要です。無人だからといって、24時間営業だと勘違いしてしまう人が多いようですが、多くの場合、自動契約機は21時までです。有名なアコムの「むじんくん」では、9時から21時半が多いですが、ボックスによっても多少営業時間が異なります。

来店不要で、即日振込を希望する場合には、より注意が必要です。それはもちろん、銀行の営業時間があるためです。そのため、基本的に土日祝の振込は不可、翌営業日の振込になってしまいます。そして平日でも銀行は15時までの営業であることが多いため、カードローンの本契約は14時までに完了させておく必要があることがほとんどです。

インターネットで気軽に契約ができるからといって、手続きに時間がかかってしまっては意味がありません。あらかじめ本人確認書類や収入を証明できる書類などを用意しておくことが最も大切です。提出し終わって一安心でもいけません。カードローンの会社側がそれを確認して審査の回答を出し終えるまでが14時なのです。14時ギリギリに出し終えても、確認が終わっていなければ正式な契約にはなりません。もちろん、個人個人の状況や内容にもよりますが、どこの消費者金融の審査が最もスピーディなのか、事前に調査しておくことも必要かも知れません。