nyuuinhtikaritai

病気はいつ降りかかるかわからないもので、手術や入院ともなるとその治療費は高額になります。特に入院費用は長期間になればなるほど多く負担しなければいけません。日本では健康保険制度があるため、諸外国に比べれば過度な負担があるわけではありませんが、それでも十万円近くの費用が必要にあります。

また高度な医療を受ける場合に自由診療である場合にはその負担は大きく百万円以上必要なケースもあります。一部は払い戻しや医療費控除を受けることができますが、それでも一時的には多額の現金を用意する必要があります。このために日頃から貯蓄を行っていればいざというときに対応できますが、そうでない場合にはお金を借りるなどして費用を調達する必要があります。

治療費に対応したローンとしては、クレジットカード払いと金融機関などが提供している医療ローンがあります。また健康保険に加盟している場合には高額療養費の貸し付け制度などもあります。クレジットカード払いは病院が対応している必要がありますが、その場で支払いができるメリットがあり緊急時の支払いに対応できます。銀行などの医療ローンの場合には審査を受ける必要があり、その点ではやや不利ですがクレジットカードに比べれば金利手数料が低いというメリットがあります。

消費者金融を利用する手段について

消費者金融が提供しているキャッシングローンは、審査基準がゆるく一定の収入があれば誰でもお金を借りることができる便利なサービスです。このため、ちょっとお金を足りないといった場合にお金借りる手段として広く使われています。用途に関しては事業資金でなければ自由に使うことができるため、当然、手術費用や入院費用、治療費などにも使うことができます。ただし、消費者金融の場合には金利が高いという点に留意する必要があります。

特に本人が手術や入院しなければならないといった場合にはその間は収入が途絶えることになる場合もあります。このため返済の見込みが立たなくなるリスクがあります。この点は銀行の医療ローンも同様です。このため消費者金融や銀行などからお金を借りるなどして治療費を捻出する場合には、本人ではなく家族などの治療費に使うのが一般的です。

一方で、高額な費用は時として家計を破壊してしまうものであり、これを防ぐための制度がいくつかあり、高額療養費制度を利用すれば、無利子で貸し付けを受けることができます。ただしこの場合には一定の金額を超えていなければ利用できないため、規定の金額に達していない場合には、銀行や消費者金融からお金借りる必要があります。

銀行とノンバンクどちらが有利か

銀行と消費者金融などのノンバンクのどちらが有利にお金借りることができるのかというといえば銀行になります。銀行であれば手術費用や入院費用などに対応した医療ローンもありますし、用途自由に使えるカードローンなどもあります。また何より消費者金融よりも低い金利というのもメリットです。

一般に金利としては、消費者金融が5%前後から18%なのに対して、銀行のカードローンであれば4%前後から15%前後が相場となっています。目的ローンである医療ローンを選択した場合には3%以下のものも多くそれだけ有利に借り入れすることが可能です。ただし、いずれの場合も本人が治療のために使うというよりも家族などの医療のために使うといった目的に利用するのが無難です。

特に数日入院しなければならない手術などはそれだけ収入が途絶える可能性が高くなります。正規雇用であれば保険も給付されますが、非正規ではそうはいきませんから、それだけ借り入れすると不利になります。特に金利の高いノンバンクであれば返済困難に陥るリスクも伴います。しかし、お金がなければ治療してもらえないのも事実であり、その点でいれば一時的にお金を用意するのであればノンバンクや銀行のローン商品を利用するというのも一つの手段です。

入院費用などを医療費ローンで用意できる条件

手術費用や入院費用など治療費をローンで用意するための条件としては、第一に返済の見込みがあるということです。これは健常な状態と異なり病気になると一気に返済能力が低下するため重要視されています。

例えば怪我や骨折などの場合には時間は掛かるものの手術や入院をしてもとの状態に戻り、再び働けるようになる見込みがありますが、脳梗塞や心筋梗塞、ガンといった病気の場合には発見が遅れれば手術をして助かっても後遺症が残り満足に働けなくなるリスクがあります。

また後遺症が残ればそれだけリハビリのための入院費用が必要になり、借り入れたお金の返済どころではなくなります。このため本人が借り入れるといった場合には必ず治る病気や怪我である必要があります。

またお金借りるさいの審査も病気の内容によって異なってきます。キャッシングやカードローンでは金利が高いものの用途は自由ですので審査の対象になりませんが、医療ローンを専門に組む場合にはその内容が審査の対象となります。特に高度な手術や長期間の入院費用を必要とする場合には、相応の信用力が必要になりますし、元本はもちろん金利手数料を支払うだけの返済能力があることが利用するための最低条件となります。