テレビCMなどでも有名な、三菱UFJフィナンシャルグループのアコムでも、即日融資OKのカードローンはあります。審査の回答最短30分を謳っており、契約までの時間も短縮できそうです。融資の本契約は、店頭や自動契約機の「むじんくん」で行えますが、情報を確認したり、オペレーターと内容確認をしたりと、どうしても時間はかかってしまいます。

その契約をスムーズに行うためには、あらかじめ、インターネットか電話で申し込みを済ませておくことが大切です。即日融資成功のポイントは、審査のスピードであることは、どこの消費者金融でも同じです。

店頭窓口や、「むじんくん」にて契約が完了した場合、その場でカードを発行してもらえますので、即日融資が可能となります。一方、来店しないで契約、指定口座に即日振り込んでもらえるサービスもあるので便利です。その方法とは、まず、パソコンから契約書類を印刷して手に入れます。アコムのホームページにPDFファイルが添付されているページがありますので、そこから印刷しましょう。パソコンが利用できる状態ではないという場合は、コンビニから書類を取り出すことも可能です。セブンイレブンにあるマルチコピー機を操作して出力します。

いずれの場合も、まず電話にて申し込んでおくことが必要なようです。
審査完了後、本人確認書類をFAXにて送付し、手続きは終了です。ただし、平日14時までに送付が完了し、アコムがそれを確認することが条件の上での即日振込になります。

プロミス

プロミスで即日融資を受けるためには、Web契約の必要があります。契約申し込み後の自動審査の後、正式な審査を経て本契約へと移行するわけですが、プロミスは、この審査が早いことで有名です。正式な契約可能金額を、最短30分程度で提示してくれます。もちろん状況によっては時間がかかってしまうこともありますが、審査の早さは、即日融資を求める人にとってはとても重要です。

プロミスのWeb契約では、必要な書類、例えば、身分証明書や収入証明書などの書類を、携帯電話やカメラなどで撮影し、それをスキャンして画像化し、そのデータを送ることで提出することができます。スマートフォンのアプリを使えばより簡単に送ることもでき、便利です。

即日の振込を希望される場合、上記のWeb契約を、平日14時までに完了させておかなければなりません。銀行の営業時間もありますので、時間を超えると即日振込は難しくなります。
しかし、契約完了までに手続きで問題などがあり、万一14時までに終わらなかった場合も、まだ諦めてはいけません。審査に受かっているのであれば、自動契約機からの即日融資が可能です。自動契約機で本契約を済ませ、その場でカードを発行してもらいます。カードがあれば出し入れ自由なのでATMなどから現金を引き出しことが可能です。ただし、自動契約機は21時までですので、その点は注意したいところです。

プロミスなら、30日間無利息キャッシングというサービスも用意してあるので、初回の現金を引き出す前にポイントサービスに申し込みをしておけば、30日間無利息で融資を受けることもできます。即日融資と合わせて利用してみるのもよいでしょう。

レイク

新生銀行のレイクでも、即日融資OKのカードローンがあります。まず、21時まで契約可能の自動契約機(但し、第3日曜日は時間が短くなることが多いようです)で、本人確認書類を提出します。機械がスキャンしてくれるのでその場で提出できます。備え付けのペンで申込書に記入、その後、画面で審査結果を確認します。OKなら契約書が印刷されますので、記入して提出、その場でカードが発行され、併設のATMから現金を引き出すことが可能です。

他の会社と同様に、来店不要で即日融資を受けることもできます。インターネットで契約を完了させ、指定の銀行口座に振込をしてもらいます。
本人確認書類はメールでも提出できるので、スムーズな審査や契約が期待できることでしょう。但し、平日14時までの申し込みと、レイク側の必要書類の確認完了が必須の条件です。それらが万一、平日14時以降になってしまう場合には、翌営業日の振込となってしまいますので注意しましょう。

レイクの便利な点は、全国のセブンイレブンなどに設置されているセブン銀行からの融資や返済が、手数料無料で行える点にあります。もちろん、新生銀行ATMやレイクのATMも利用できますので、便利です。

土日祝に即日融資を求めている人は、自動契約機に足を運びましょう。初めてレイクで融資を受けるという人は、8時45分から21時の間と決められているようです。店舗によって時間が異なる場合があるというのが注意点でしょうか。事前の確認はもちろん、時間に余裕の持った行動を常に心がけましょう。

アイフル

アイフルで即日融資を受ける際には、自動契約機での契約をお勧めします。営業時間は9時から21時までです。平日だけでなく、土日祝も営業していますので、21時までに契約機の中に入れば、即日融資が受けられます。もちろん審査の結果や、手続きの状況などによっては即日融資ができない、あるいは融資自体ができない場合がありますが、それはどこの消費者金融でも同じです。

契約機に時間ギリギリで滑り込んだ場合に注意したいのが、前に他のお客さんがいた場合です。そうなると21時までに契約機内に入れなかったことになり、即日融資の道が閉ざされてしまいますので、時間には余裕を持って行動しましょう。

電話やインターネットからの申し込みも可能です。銀行の営業時間内であれば、指定の口座に即日振込を依頼することも可能です。アイフルの社名だけでなく、個人名で振り込んでもらえる方法もありますので、誰かに融資を知られたくない場合は便利です。しかし、銀行振込を指定した場合、契約した時間が重要になりますので、時間が遅くなってしまった場合は、銀行の翌営業日に振込になってしまう可能性があります。

土日祝に即日融資を希望の場合は、自動契約機のほうが便利でしょう。ただ、アコムやプロミスに比べて契約機の数が少し少ないことが難点です。アイフルは、2006年に業務停止命令を受けるというトラブルを経ても尚、銀行傘下でない消費者金融として企業努力を続けている会社です。

その他の消費者金融で即日融資!

即日融資が可能な消費者金融は数多くあります。先に紹介したプロミスやアコム、アイフル、レイクの他にも、夏菜と竹中直人が広告しているモビットは即日融資が可能です。まずはインターネットから申し込み、フリーコールにて電話連絡をします。その方法がお急ぎの人にはいいようです。

オリックス・クレジット株式会社のVIPローンカードはご存知でしょうか。篠原涼子がCMしている最高800万円のカードローンです。Web契約で即契を選択すれば、即日融資も可能なようです。
これまで挙げてきたように、即日融資可能な消費者金融は数多くあります。そのいずれも、自動契約機での即日契約、その上での即日融資です。あるいは、来店不要の指定口座振込の2パターンです。必要なのは、スムーズに審査の結果を出してもらえるよう努力することです。

例えば、本人確認書類などの書類をあらかじめ用意しておくといったことです。オペレーターに指示されてからあれこれ用意していたのでは、即日融資の確率が低くなります。銀行振込の場合は銀行の営業時間内での契約完了なので、より、急がなければなりません。

自分に合った契約内容とサービス、消費者金融を、事前にしっかり情報収集し、準備を怠らないようにしましょう。自動契約機が近くにあるのか調べておくことも重要です。町を探し回っているうちに21時を超えてしまったのでは、即日融資の可能性は限りなく低くなってしまうことでしょう。